MT4.0アップグレード検証(アップグレード作業)

| | コメント(1) | トラックバック(0)

SixApart社からMovable Type4.0が正式リリースされ、ネット上でも情報が流通してきています。
時間がとれたので、弊社Webサイトを使って


  1. MT3.35 ⇒ MT4.0へのアップグレード手順

  2. 弊社ブログテンプレートの動作

  3. 弊社テンプレートで使用するプラグインの動作


を検証してみた。
今回は 1. MT3.35 ⇒ MT4.0へのアップグレード手順 について

MT4.0へのアップグレードについて

今回のアップグレード作業は動作検証が目的なので、もし検証がうまくいかなくても元のMT3.35に戻せることを考慮しています。

アップグレード方針

アップグレードを中止しても元に戻せるようにする。
他プロジェクトで使用できるようステップを記録する。

アップグレード作業

以下の流れでアップグレード作業を実施する。

事前準備

1. DBバックアップ
 phpMyAdminからDBのフルバックアップを実行。
 ファイルサーバ上に保管。

2. ファイルシステムのバックアップ
tar.gz で htmlのルート配下をフルバックアップ。
 こちらもファイルサーバ上に保管。

これで万が一、アップグレードのステップで頓挫したり、動作が不完全であっても元に戻すことができます。

MT4.0 の mt-config.cgiの編集

MT4.0のmt-config.cgi は非常にコンパクトにまとまっています。
・CGIPath
・StaticWebPath
・DB接続情報 Database Settingブロック
を編集、さらにMT3.35のmt-config.php からサーバ固有の追加設定を記述。
さくらインターネットのサーバ用に
# Setting for SAKURA Server
HTMLUmask 0072
DirUmask 0072
HTMLPerms 0777

また、検索ページの代替テンプレート
AltTemplate を指定。

MT4.0ファイルのアップロード

今回、MT3.35 と MT4.0 のファイルを共存させる方針を採りました。
サーバ上にMT3xとは別に、MT4.0用のディレクトリを作成、必要なファイルをアップロードします。

環境チェック ~ mt-check.cgi の実行

MT4.0では大きなアーキテクチャチェンジがあるということで、アップグレードを実施する前に、mt-check.cgiを実行。
必要なものはそろっているので動作に問題はなさそうです。

アップグレードの実行

/ にアクセスすると、アップグレードを促す画面に自動遷移します。(mt-upgrade.cgi)

サイト管理者の権限をもつユーザIDでログインするとアップグレードスタート。
DBアップグレードのステータス表示があらわれ、無事に終了。

アップグレードステップは以上。

次の記事ではテンプレートの動作確認です。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: MT4.0アップグレード検証(アップグレード作業)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x-logic.jp/mt4/mt-tb.cgi/137

コメント(1)

изготовление каталогов киев http://wkrolik.com.ua

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログについて


(株)クロスロジックは
SixApart ProNetの
メンバーです。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ