不動産賃貸サービス L社様 | 株式会社クロスロジック | ビジネスに役立つWebサイトの設計・制作 | 千葉市 | CMSを活用したWebサイト制作(ホームページ制作)をはじめ、企業・店舗のインターネット戦略、IT/SNS活用、セールス&マーケティングをトータルに支援 | 千葉県千葉市美浜区

不動産賃貸サービス L社様

東京都・千葉県でマンスリーマンション、ウィークリーマンション、賃貸住宅を提供されている不動産事業社のL社様。
マンスリーマンションの物件紹介サイトのリニューアルおよび、賃貸ガレージハウスのサービスサイトの立ち上げのお手伝いをさせていただきました。
社長様、プロジェクトを推進・担当されたN様からプロジェクト終了後にいただいた声をご紹介します。

今回、御社がサイトリニューアルをされた背景は?

(L社・社長様)
マンスリーマンションをご利用のお客様の多くはWeb経由で反響(お問い合わせ)をくださいます。

室内をご覧になることなく、反響からお申し込みまでに至るのですが、お客様の意思決定を促す訴求力の高いコンテンツの掲載、検索性などのユーザービリティの充実が実現されていませんでした。
また、広いエリアで多数の物件を運営していたため、コンテンツの管理が煩雑で、サイトの更新に手間がかかっていたという現状もありました。
サイトからの反響の強化、運用面の簡素化という2点がリニュアルを進めた背景となります。

弊社にお声がけ頂いたきっかけは?

(社長様)
WEB製作業者年鑑を拝見しました。

(クロスロジック)
年鑑からでしたか。

提案の際の弊社に対する印象/決め手は?

(社長様)
やはりデータベースに強かったのが、最大の決め手でした。
当社がそれまで使用していた物件データベースは非常に検索性が低く、検索の段階でユーザーが離脱してしまう可能性がありました。
サイト構築の提案をしていただく業者さんは多数いらっしゃいますが、データベースを連動させ、かつ、あの価格でご提案いただけたのは驚きでした。

(クロスロジック)
ありがとうございます。
今回のデータベースはかなり複雑なものでしたが、無事に実現できました。
私どもとしましても、静的なコンテンツはMovable Type(MT)で、動的なコンテンツはPHP+MySQLのデータベース・アプリケーションで、と適材適所で技術を組み合わせることで、運用に入ってからのコストも抑えることができると考え、価値を感じています。

弊社のプロジェクトの進め方はいかがでしたか?

(プロジェクト推進・N様)
過去の何社かのベンダーさんと仕事をさせていただいたことがありますが、時間、コスト、進捗などが不透明なことが多く、プロジェクトの進行には当社側から確認・発信をしていかないと、とんでもないことに・・・ということも少なくありませんでした。

クロスロジックさんとのプロジェクトは全てにおいて「見える化」されていたので、本来、当社がやるべき業務にのみ専念すれば良かったので非常に助かりました。
また当たり前なことですが、期日を厳守してくださいますので、かなり正確な予定をたてることができました。
もちろん、当社も期日厳守のプレッシャーはありましたが(笑)

(クロスロジック)
プレッシャーをかけてしまいましたか(笑)どうもすみません。
特にこのプロジェクトでは御社にもお願いする作業が多く、かなりの部分でCo-Workが発生しておりましたので、進捗や課題の共有はしっかりしないと、と注意して進めたつもりです。
会議体も頻度が高くてお時間をたくさんいただきましたが、その分スムースに進められたのではないかと思っております。

プロジェクトを終えて満足度はいかがでしたか?

(プロジェクト推進・N様)
大掛かりなリニューアルになりましたので、当社側の業務も膨大な量になったのですが、「やるべきこと」「お任せすべきこと」を整然と指示してくださったので、混乱することなく進めることができました。
毎回のミーティングで、確実にタスクが消化されていくのは気持ちよかったです。

また、完成後はMTと物件DBの連動が図れたことにより、現場の管理がかなり簡素化されました。
それまでは、サイトの更新はある程度の知識を持ち合わせたスタッフでないと携わることができず、マンパワーの点で更新スピードに限界がありました。

現場にはスピード感が求められますので、誰でも更新が可能なシステムを導入したことにより、
会社が決定した方向で、すぐに情報発信ができる体制ができたことは大きな改善点です。

(クロスロジック)
そうですね。おっしゃるとおり、情報を発信したいときに即反映できるのが、今回のポイントだったとおもいます。
今回の仕組みでは、Webの専門知識がなくても、誰でもが容易にMTや管理画面から情報の追加や更新が可能ですので、「人に依存しない」「情報発信のスピードアップ」が大きなメリットになりそうですね。
そういう意味でも、Movable TypeをCMS(コンテンツ管理システム)としてご採用いただいたのは大きいですね。

運用に入ってからの弊社の対応は?

(プロジェクト推進・N様)
サイトは作って終わりでなく、育てていくものだと考えてます。
その時々のユーザーにニーズ、現場の状況にあわせ常に最善の状態で運営する。
ですので、当社では完成後もかなりのカスタマイズ依頼をお願いし続けました。

一方的に当社が依頼するだけではなく、クロスロジックさん側からもご提案いただくことも多く、
まさに一緒に育てていただく、という面で非常に助かっています。

(クロスロジック)
プロジェクト進行中からいろいろ新しい要件が出てきましたもんね(笑)
プロジェクトフェーズを分けて、段階的に進められたのもよかったとおもいます。

弊社からの提案について...採用されるかどうかは別として、テクノロジやマーケティングの側面から、いろいろなアイデアをご提案させていただこう、と、常に意識をしています。
また、さまざまな業種のプロジェクトを通じて得た、その業界独自のノウハウやビジネスロジックなどが、意外な業界でも応用できることも少なくありません。
なので、これからもとりあえずアイデアは出し続けたいと思っています。

貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。
今後とも、微力ながら御社のお力になれればと思います。

※ 当件は過去事例となりますが、弊社サービスのレビューとしてご理解いただきやすい内容でしたので、ご紹介しております。

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。